解読不可能!読めないサインの法的効力・有効性

読めないサインの法的効力・有効性

解読不可能でサインがなんて書いてあるかわからない!適当すぎて読めないサインの法的効力・有効性

一般的な日本人の感覚ですとなんて書いてあるかわからない&多くの方が読めないサインよりも
誰が見ても一目瞭然でハッキリと明確に認識できるサインの方がわかりやすいと考える方が多いことでしょう。

また、読み手側が解読不可能で、なんて書いてあるかわからないようなサインに法的効力があるのか、果たして有効なのか、日本においては把握されていない方がほとんどだと思います。
実際にはサインが一切読めない&落書きと同レベルで解読できない、そもそも誰が書いたサインであるかすらもわからない、といったサインであっても、そのサインが無効にならず、効力を発揮して有効・成立するケースもございます。

本記事では大きく分けて2つ、「読めないサインの法的効力・有効性」と「サインの解読方法」について解説します。

※本記事の前提について
本記事では、一般人の方が芸能人・有名人等に色紙にサインを乞う行為ではなく、一般のビジネスマンや大人が日々書面等に行うサインについてお答え致します。


読めないサインの法的効力・有効性

読めないサインの法的効力・有効性

※前提と誤解:そもそもサインは読めなくても良い

日本でサインを求められるときには
誰でも認識できて、わかりやすいサインを書いてほしい(というニュアンス)とお願いされる場面も多いです。

一方で日本ではあまり広まっておらず、認識している人も少ない現状ですが
実態として、サインは、読めなくても良いモノです。
この点、日本人のサインに対する誤解になっております。

サインの本質は、認識できる文字でサインが記されているか、は問われておらず、
大事なのは、サイン自体が本人が書いたモノであるか&証明になっていることが重要です。

わかりにくい&解読できないサインはNG!読めないサインの法的効力・有効性

読めないサインの法的効力・有効性に関して、結論は以下となります。

    1. サインが読めるか、読めないかは論点ではない
      サインが読めないからNG&無効となるのは日本での誤ったイメージ
    2. サインは読めなくても問題なし
      読めないサインでも成立する=効力が発揮される

複雑で汚い!落書きみたいで読めない!適当でわかりにくいサインの解読方法

複雑で汚い!落書きみたいで読めない!適当でわかりにくいサインの解読方法

読めない&わかりにくいサインの解読・推測方法

上述したとおり、根本的にサインは、読めなくても良いモノ、問題のないモノとなります。
つまり、読めないサインに遭遇したとしても解読する必要性がございません。

しかし、それでもなお、何らかの理由でサインの解読に興味をお持ちの方向けにヒントや考え方を共有します。

※なお、他人のサインを完璧に解読&推測することは不可能です。
あくまで解読のヒントになり得る考え方を共有する形となりますのでその点ご了承ください。

 

①読めないサインを見ながら自分でまずは真似してサインを書いてみる

実際に書いてみると何かわかるかもしれません。
まずは実際に手を動かしてサインを書いてみましょう。
一度ではなく二度三度と書いてみることをおすすめします。

②サインの中で一番目立つ部分や際立っている箇所だけを集中して見つめてみる

「最も目立つ部分=サインの書き手のこだわり」かもしれません。
サイン解読において、何らかのヒントや手助けになる可能性がございます。

③サイン全体を遠くから俯瞰して見てみる

木を見るのではなく、森を見るイメージで、ぼんやりとサイン全体を遠くから俯瞰して捉える見方をしてみましょう

④自分以外の誰かの意見も聞いてみる

何事も集中したり、一つの物事ばかりに執着するとネガティブな固定観念によりバイアスがかかるものです。
息抜きを兼ねて、身の回りにいる他の方にどう見えているのか、なんて読めるのか、聞いてみるのも推奨案です。

⑤読めないサインを見ながら平仮名、カタカナ、漢字、ローマ字(アルファベット)等の複数の組み合わせになっていないか考えてみる

平仮名、カタカナ、漢字、ローマ字(アルファベット)等、複数の文字の組み合わせでサインを構成することで独創性やユニークなサインを表現しているか可能性もございます。

⑥サインを書いた本人の顔を思い浮かべる。

サインを書いた本人の顔をはじめ、雰囲気、服装、趣味や好きなもの、みんなからのあだ名等、思いつく限りの情報を洗い出し整理する。その中で出てきたキーワードや共通事項がサインにも反映されている可能性もあります。

⑦一旦諦めて,すべてのことを忘れてみる

サインの解読のことばかりを考えて、煮詰まったら一度解読を諦めて、忘れてみてください。
そのまま思い出すことがなければ根本的に取るに足らない不必要なことだったといえますし、
また違うタイミングでサインの解読を思い出すこともあるかもしれません。
いずれにせよ継続的に解読を続けてもいい切り口やアイディアはでてこないので一度リフレッシュして、サインの解読から離れることを推奨します。


まとめ:サインは読めなくても有効

ここまで本記事では、「読めないサインの法的効力・有効性」及び「読めないサインの解読方法」について解説いたしました。

結論としては、読めないサインであっても効力が発揮されます。
また、サインの解読については、根本的に必要性自体が低いですが、サインの解読を模索されている方やご興味のある方向けにサイン解読における7つのアイディアと切り口をご紹介しました。

本記事を通して、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

サインのことなら公式サイトへ