漢字実用型

実用性高く、
ビジネス業務書類向け

「実用型」は、ビジネスなどフォーマルな印象を求められるシーンで、達筆さとともに人格を感じさせる筆跡を重視したデザインです。主に各種契約書、クレジットカード、重要書類などに使われる。

漢字の特性を活かし、お名前全体が理解され易い様に設計し、デザイン性よりもお名前その物の形を重視、幅広い場面に使える実用性の高く、また契約書類等の正式文書には記名に併せたフルネーム署名を可能とする等、ご使用の用途に応じて使い分けができるように創作される最も一般的で実用的なデザイン。

署名ドットコム > サインの種類 > 漢字実用型

漢字実用型の特徴

フォーマル度

フォーマル度5つ星の評価

カジュアル度

カジュアル度3つ星の評価

文字の崩し度合い

文字の崩し度合い3つ星の評価

読みやすさ

読みやすさ5つ星の評価

書きやすさ

書きやすさ4つ星の評価

デザイン例

署名ドットコムが守秘義務を遵守するために
プライバシーポリシーの徹底に取り組んでいます。
掲載サンプルは全部お客様より許可をいただいております。

藤井琢也

デザイン
藤井琢也のサインデザイン例(PC表示用)
藤井琢也のサインデザイン例(スマートフォン表示用)
藤井琢也のサインの構成要素
書き順
藤井琢也のサインの書き順
設計コンセプト

実用型のため、文字を大幅に省略したり変形したりせず、識別できる程度にデザインしました。「藤」の字を若干簡略化し、その他の三つの文字と画数のバランスを取っています。四文字全てに横線があるため、長い横線で四つの文字を繋げて統一感を強めました。「井」の文字だけを縦に伸ばして強調し、その他の三文字を強調しないことでサインに立体感を出しています。

斉藤龍

デザイン
斉藤龍のサインデザイン例(PC表示用)
斉藤龍のサインデザイン例(スマートフォン表示用)
斉藤龍のサインの構成要素
書き順
斉藤龍のサインの書き順
設計コンセプト

三つの文字の画数の差が大きく、構造が複雑でデザイン作成が容易でないため、三つの文字を大幅に簡略化して「龍」を強調しました。「龍」は基本となる筆画を残して縦方向に長く伸ばし、末尾の横線を飛び出させることで、興が尽きず奔放でおおらかなイメージを与えています。点を除けば三筆で書き上げることができ、サインの筆記速度を大幅にアップしています。

高塩譲次

デザイン
高塩譲次のサインデザイン例(PC表示用)
高塩譲次のサインデザイン例(スマートフォン表示用)
高塩譲次のサインの構成要素
書き順
高塩譲次のサインの書き順
設計コンセプト

全体の画数が比較的多いうえにそれぞれの文字の画数の差が大きく、四つの文字の関連性が低いため、実用サインであることを考慮して識別できる程度にそれぞれの文字を適度に簡略化し、自然とつなげて書けるようにしました。「高」から長く伸びる横線で苗字と名前を全てつなげ、統一感を高めています。「譲」は適度に拡大して目立たせました。全体として自然に流れるようなイメージで、落ち着きがあり威厳のあるデザインです。

田辺まりこ

デザイン
田辺まりこのサインデザイン例(PC表示用)
田辺まりこのサインデザイン例(スマートフォン表示用)
田辺まりこのサインの構成要素
書き順
田辺まりこのサインの書き順
設計コンセプト

「田」の横線を逆筆で折り返すことで統一感を強め、残りの四文字を極端に変形せずに全体的に文字の自然な表記を突出させました。最後に「まり」を縦方向に伸ばしてサインに躍動感と変化を持たせています。全体として落ち着いた雰囲気の中にリズムが感じられ、美しくて実用的なデザインです。

古木勝之

デザイン
古木勝之のサインデザイン例(PC表示用)
古木勝之のサインデザイン例(スマートフォン表示用)
古木勝之のサインの構成要素
書き順
古木勝之のサインの書き順
設計コンセプト

長い横線が姓名の四つの文字を貫いてつながり、サインの統一感を高めています。四つの文字のうち「勝」が重要なので、適度に拡大し目立たせています。「勝」の最後の一筆を上に向かってはね上げて「之」の描き始めの点とつなげることで、サインに躍動感を持たせました。全体として直線の中に曲線を適度に織り交ぜ、シンプルでありながら滑らかで美しいデザインです。

箭内惠理子

デザイン
箭内惠理子のサインデザイン例(PC表示用)
箭内惠理子のサインデザイン例(スマートフォン表示用)
箭内惠理子のサインの構成要素
書き順
箭内惠理子のサインの書き順
設計コンセプト

画数が比較的多いため、書くスピードを高めるために「理」の筆順を変えずに大胆に調整し、画数を大幅に減らしました。「箭」と「惠」は縦方向に伸ばして強調し、サインに立体感を出すとともに躍動感を高めています。基本的に文字の下の高さを揃えることで高低に落差のある部分を目立たせました。全体的に自然と右に流れるようなデザインでリズム感を強めています。

藤原信也

デザイン
藤原信也のサインデザイン例(PC表示用)
藤原信也のサインデザイン例(スマートフォン表示用)
藤原信也のサインの構成要素
書き順
藤原信也のサインの書き順
設計コンセプト

実用型のため、苗字と名前を極端に省略したり変形したりしませんでした。「藤」はその他の三文字と比べて画数が比較的多いため、「藤」を抽象化し、四つの文字のバランスを取っています。同時に「藤」の最後の一筆を丸く折り返して長く伸ばし、残りの文字とつなげることでサインの重心を安定させ、統一感を強めています。最後に「也」を縦方向に伸ばして強調し、サインに奥行きを持たせるとともに単調なデザインにならないようにしました。

高須英津子

デザイン
高須英津子のサインデザイン例(PC表示用)
高須英津子のサインデザイン例(スマートフォン表示用)
高須英津子のサインの構成要素
書き順
高須英津子のサインの書き順
設計コンセプト

名前が五文字で画数が比較的多く、適度に簡略化しないとサインが平べったく感じられるため、文字を整理してから名前の中にある横線を巧みに利用して全体をつなげ、画数を大幅に減らしました。具体的には「高」を横に長く伸ばして苗字と名前を一つにつなげ、それぞれの文字の横線を共有することによりサインの統一感を高めています。最後に「津」を縦方向と横方向に長く伸ばし、サインに立体感を出しました。

デザイン種類一覧


お勧めプラン一覧

好きなデザインを選んで注文