脱ハンコ時代のサインのニーズが急増、その新しい可能性に注目

アフターコロナの世界を見据え、連日世界のコロナウィルス関連のニュースを読んで情報収集をしては今後の日本社会におけるサインの重要性について考察しています。

コロナの影響で既存の生活スタイルが大きく変わりつつある中、テレワークやペーパーレス化の急速な普及に伴い印鑑廃止の流れも加速していくでしょう。

現在でもビジネスシーンでは電子契約認証手段の1つとしてサインが使われていますが、その形式は書体、画像、マウス書きの3種類が主流です。今後はマウス書きに代わってサイン専用の端末なども普及していくと思われますが、新しいツールやシステムの開発など、まだまださらなる発展と新たな可能性を秘めています。

また一般生活の面でも、タブレットなどの電子端末へのサインが一般化し、欧米のようにサインが社会における重要な役割を担っていくでしょう。今後は、身体認証以外に契約時などの個人の意思表明ツールとして、ハンコの代わりにサインが主流になっていくはずです。

日本が個人認証ツールの転換期を迎えて脱ハンコ時代を目指したときに

「サインがハンコの完全な代替品として機能するにどうしたら良いのか?」
「サイン文化を日常生活やビジネスにどう浸透させていくか?」

など、サイン業界のパイオニアの一人としてアフターコロナの世界における新しいサインの在り方を探っていきたいと考えています。

デジタル時代に対応した新しいサインの可能性や活用方法についてビジネスプランやアイディアをお持ちの方は、ぜひ弊社までご相談ください。続きを読む →

“捺印”から“タブレットペンでサイン”の時代へ

最近では、クレジットカードでの買い物や、携帯電話、保険などの窓口での対面契約、宅急便の受け取りなど、日常生活においてタブレットに署名を求められるケースが増えていると思いませんか?

“ペーパーレス化”が叫ばれる今、これまでの“紙の書類への署名・捺印”の代わりに、タブレットにサインをする機会はますます増えていくと思われます。

思ったほどペーパーレス化が進んでいなかった“印鑑文化国、日本”

働き方のスタイルが多様化する中、ここ最近で一気に注目を浴びたのが「テレワーク」「在宅ワーク」ではないでしょうか。新型コロナウィルスによる外出自粛要請の影響で、可能な業種や職種においては多くの人が在宅ワークに移行しているのは皆さんご存知の通りです。

SNS等では「今日からうちの会社も在宅ワーク!」といったコメントが飛び交い、満員電車に乗らなくて済むことや自宅で仕事ができることを喜ぶ声が聞かれる一方で、「うちの会社はシステム上テレワークは無理!」「在宅勤務だけど、捺印が必要な書類があるから出社しなくちゃ…」といったボヤキ的(?)投稿も少なくありませんでした。

事実、日本CFO協会が上場企業の財務最高責任者ら経理・財務幹部577人に行ったオンライン調査では、41%もの人が「テレワーク実施中に出社する必要が発生した」と回答しています。しかも、出社理由の1位は「請求書や押印手続き、印刷など紙データの処理」だとか。

(出典:Yahoo!ニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200408-00010000-nkbizgate-bus_all&p=1

テレワーク推奨の副産物として、印鑑文化を背景に持つ日本では思ったほどペーパーレス化が進んでいないという実態があぶり出されてしまったわけです。

テレワークなのに捺印や書類手続きのために出社しなくてはいけない…そんな理不尽さが浮き彫りになった今、オンライン上で契約などの書類手続きが行える「電子契約システム」の需要が急速に高まっています。

電子契約システムのメリットとは?

続きを読む →

アノ独特の筆記感が苦手… 電子ペンでマイサインを美しく書くには!?

ペーパーレス化、デジタル化が急速に進む中、最近では宅配の受け取りやカード決済などでタブレットに電子サインをする機会が増えてきました。
新型コロナウィルスの影響による在宅ワークの普及や印鑑廃止への動きなども追い風となり、今後ますます電子サインを使う機会は増えていくと思われます。

経験のある方はおわかりと思いますが、デジタルペンの書き心地というのは独特で、普通のペンで紙に書くのとはだいぶ感覚が異なります。
どうも普段紙に書くのと同じようにうまく書けない、ともどかしく思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

そんなお悩みを解消すべく、署名ドットコムではタブレットのタッチペンを上手く使いこなすためのマイサイン練習方法を公開しました。

タッチペンで美文字を書けるようになれば自然と紙への筆記の精度も上がるので、この練習方法は電子サインだけでなく普通のサインの練習方法としてもおすすめです。
すでにマイサインをマスターしている方はタッチペンでの筆記感に慣れるための、マスターしきれていない方はマイサイン習得に再トライする良い機会ですので、ぜひご活用ください。

※練習には専用の練習用画像データが必要となります。ご希望の方は下記までご連絡ください。(ご注文の際はお名前と電話番号を入力してください)

タブレット用サイン練習データの依頼フォーム

※新規サイン設計ご注文の場合は注文フォームの備考欄に「タブレット用サインデータ必要」と記載してください。

おすすめの練習環境は、
・iPad+デジタルペン
・Androidタブレット+デジタルペン(後日紹介)
になります。続きを読む →

一流ビジネスパーソンだけが知る、好印象を与えるマイサインが2秒で書ける方法

佐藤直人のサイン

苗字の中に一番よくある「佐藤」さんの場合の書き方。

契約書や書類、ホテルのチェックインのサイン、とこれほどパソコンが普及した現代においても、いざというときには手書き文字が欠かせません。とくにビジネスシーンでの影響は絶大です。

『素敵な文字だなぁ、仕事もできそう』

と、文字が上手なだけで人柄やスキルまで素敵に見えてくるから不思議なものです。
あなたも

「もっと早く、見栄えのいいサインが出来たらいいのに」

と思ったことはありませんか?

一度、自分だけのマイサインができたら、一生の財産になります。そこで、かっこいいサインを作るコツを2つご紹介いたします。

(1)サイン全体の構図を決める

■サイン全体の構図を決める

まず決めるべきは、サイン全体のフォルム。三角形、四角形、円形など、どんな図形の中に文字をおさめるかによって、印象が変わるという。

たとえば、以下は「三角形」の中に名前をおさめ、どっしりとした印象を与えている。

坂内和士さん。底辺がしっかりした三角形の構図は安定したイメージになる

続きを読む →

意外と知らない!?英語圏での名前表記やカンマ&ピリオドのルール

こんにちは。8月も残すところあと少し。ようやく暑さのピークも落ち着き、朝晩はだいぶ過ごしやすくなりましたね。

夏休みを利用して海外に行かれた方も多いのではないでしょうか。海外旅行の際に機内で配られる入国カードの記入が苦手な、署名ドットコムメルマガ担当の佐伯です(笑)

続きを読む →

サッカー日本代表のサインで検証!サインの可読性はどこまで重要か?

こんにちは。サインにまつわるニュースや豆知識をお届けするメルマガ第2回は、

「サインにおける可読性の重要度」
「筆跡には人間性が表れる?」

といったテーマについてお話したいと思います。

サインといえば、恐らく多くの方が「読めなければダメ」と考えているのではないでしょうか。果たしてその真相や如何に?

続きを読む →

変わりゆく銀行システム~ついに日本に印鑑レス時代到来か

はじめまして。署名ドットコム、メルマガ担当の佐伯と申します。今回から月2回、みなさまに「へー!」と思っていただけるようなサインにまつわるニュースや豆知識を、時にトリビア的なネタも交えつつお届けしたいと思います。

第1回目は、「銀行のサイン認証導入&印鑑レス化」に関する話題をお届けします。

続きを読む →