サイン電子データ化サイン電子データ化

テレワークの普及や5Gサービスで急加速する社会のデジタル化に伴い、印鑑廃止の動きが急ピッチで進んでいます。
企業間のみならず、保険契約や不動産契約など日常生活においても電子契約が一般化する中、今後は印鑑の代わりに電子マイサインを所有する時代が来るでしょう。
物事を機械的に処理するデジタル化が進む一方で、「アナログ的価値の再評価」「個性の重視」といった相反する潮流があるのもまた事実。
デジタル社会だからこそ、既存フォントを使った没個性の電子印鑑より温かみや味わいのある“手書き”の個性が光るのでは?と私たちは考えました。
そこで署名ドットコムは、個性を大切にする社会人の方々に「手書きの電子マイサイン」をご提案します。
手書きサインから、印刷にも適した高解像度の電子データを作成。認証ツールとしてだけでなく、公私にわたり個人のシンボルツールとして幅広くご利用ください。

脱はんこ時代はもうそこまで来ています。さあ、今のうちにマイサインの電子データを準備しておきましょう。

マイサイン電子データ化とは?

サインデザイン専門会社として培ってきた技術を活かし、
ご自身の署名やサインから鮮明で高解像度の電子データを作成いたします。
単なるスキャンとは違い筆跡や微妙なニュアンスまで忠実に再現するとともに、
拡大縮小をしても画質が劣化しないベクター形式のデータもご提供。
大きなサイズでの印刷にも耐えられるため、さまざまな用途にご活用いただけます。

  • ご自身の筆跡
  • 電子データとして納品
  • さまざまな用途で活用
  • ご自身の筆跡
  • 電子データとして納品
  • さまざまな用途で活用

例えばこんな場面でご活用いただけます

電子契約の電子サインとして使用

作成したデータは「電子サイン=電子契約の際の本人識別機能・個人の認証手法」としてお使いいただけるため、データを保有することで電子契約締結のプロセスがスムーズに。

現在の本人サイン筆跡を使える電子契約サービス

●情報は署名ドットコム2020年10付き調べ。
●注意:単純にサインを画像化しただけでは本人性を担保できないため、法的効力は持たない。ただメール認証、システムログや、第三者機関である電子認証局が発行する電子証明書電子証明書など、別の証明方法を追加できれば、電子サインにも法的な効力を持たせることは可能です。

印刷物などへの使用

ベクター形式データは拡大縮小をしても画質のクオリティが劣化しないため、
様々な印刷物に対応可能。名刺はもちろん、
グッズなどへの名入れなど幅広くお使いいただけます。

  • サイン入り名刺
  • スタンプ
  • 刻印
  • バッチなど

当社のサイン電子データ化の特徴

  • 01

    スキャンでは不可能な
    手書き感の再現。
    微妙な
    ニュアンスも表現可能。

    スキャンでは不可能な手書き感の再現。微妙なニュアンスも表現可能。

  • 02

    実際にサインした
    ように見える
    透過PNG形式

    透明背景のPNG形式だから、まるで実物のサインのよう。

  • 03

    拡大印刷してもキレイ!
    高クオリティ&高解像度

    高解像度で拡大縮小してもエッジがクリア。印刷しても美しい仕上がりに。

  • 04

    簡単な操作で使用可能
    すぐにお使いいただけます

    特に難しい操作は必要ありません。納品後すぐにお使いいただけます。

  • 05

    ライセンス料や
    ランニング
    コストは
    一切不要

    納品後、ライセンス料やランニングコストなどは一切かかりません。

  • 06

    用途に合わせて選べる
    3種類のカラー
    バリーエーション

    ビジネス、プライベートなど使用目的に合わせて選べる3色展開。

製作例

ここが違う! 署名ドットコムの電子サイン

1

すぐにも使える透過PNG

2

どんな印刷にも耐えられる、 画質が劣化しないベクター形式

※ベクター形式とは、画像を拡大縮小しても画像が劣化しないファイル形式。拡大してもエッジはクリアでなめらかなままで、Webにも印刷にも適した大変便利な画像形式です。

3

電子データながら、
リアルな手書き感や筆跡を忠実に反映

まずは、サイン専用ペンと用紙が入ったパッケージを購入

なぜパッケージを購入する必要があるの?

より鮮明な画像データ抽出のため、弊社指定のペンで専用用紙に筆記していただいております。弊社が厳選した、万年筆に近い筆記感のサイン専用ペンを使用しています。

経験豊富な担当者が、元の筆跡を保ちながら電子データ化

自宅でスキャンしただけではダメなの?

スキャンデータは、拡大で画像が荒れるなど多方面で使用するには厳しい画質レベルです。サイン専門会社の弊社では、専門知識に基づき鮮明で美しい画像データをご提供しています。

事前にご確認いただくためのテスト用サンプルをご用意しています。

事前確認用 電子サインサンプルを
ダウンロード(27KB)

ご注文から商品お届けまで

パッケージご購入
パッケージご購入

パッケージ「電子サイン作成キット」ご購入(1営業日)

受注後、弊社よりサイン専用のペンと用紙がセットになったパッケージ「電子サイン作成キット」をお送りいたします。

サインを入稿
サインを入稿

サインを入稿

届いたペンと用紙を使って自筆サインをしていただき、同封されている返送用封筒でご返送いただきます。

電子サインを製作
電子サインを製作

電子サインを製作(2営業日)

手書き感、筆跡、筆致など微妙なニュアンスまで再現すべく、担当者がサインを電子データ化。

データ納品
データ納品

データ納品

到着後すぐに使えるデータがお手元に届きます。

よくある質問

お客様からよくいただくご質問と、
その回答を掲載しております。

契約書など既存書類に記載済のサインから電子サインを作成できますか?
既存書類に記載済みのサインは、本人の直筆であることが確認できないためセキュリティー上の理由で入稿をお断りいたします。入稿用のデータには、かならず弊社提供の入稿専用キットをお使いください。
作成した電子サインは印刷用データにも使えますか?
はい。弊社独自の技術で印刷に最適な高解像度データに加工しますので、印刷の際にサイズ変更をしても画像が劣化することなく、エッジや細部まで鮮明にプリントアウトできます。
自分で用意した紙とペンで筆記したサインでも入稿できますか?
紙やペンの種類によっては、インクが滲んだり滲みによって文字の輪郭が歪んだりすることがございます。忠実に手書きサインの筆致を反映するためにも、入稿の際は必ず弊社指定の専用キットをお使いください。サインデザイン専門会社である弊社の長年の経験から、サインに適した専用の紙とペンをご用意しております。
PNG以外のファイル形式にも対応していますか?
はい。PNG以外にも、印刷に適したベクター形式、AIファイル、PSD形式もご用意できます。これらのファイル形式で納品をご希望の場合は、ご注文の際にお知らせください。
法人や企業などで大量発注する場合、割引制度はありますか?
はい。大量のご注文につきましては、割引制度をご用意しております。法人や企業様などで大量注文をされる場合は、別途ご相談ください。

商品詳細

納期 3営業日
納品形態 電子メールかUSBメモリ格納
※USBメモリ(32GB容量)納品の場合別途700円かかります。
画像形式 透過PNG形式、ベクターAI形式
黒(モノクロ印刷用)
朱(標準)
青の3色セットなど
価格 4,500円(電子メール納品)
5,200円(USBメモリ納品)
※価格は税抜きです。
備考 ※電子契約サービス、 Excel・Wordでの使用を想定して作成しておりますので、ご使用を予定されているソフト・用途で実際に使えるかどうかを事前にご確認いただくためのテスト用サンプルをご用意しています納品する商品と同一のフォーマットですのでご購入前にテストください。

事前確認用 電子サインサンプルを
ダウンロード(27KB)

サイン電子データ化を注文する

TOP