漢字実用型

大切な方や改まった手紙には縦書きのサインで書きましょう。毎日使うことはないが、いざ書くとなるとそう簡単にはいかない。横文字のサインをそのまま縦に並べただけではどうしても違和感を覚えてしまうかもしれません。ある程度読めるのが良い場合は実用型、読みやすさよりデザイン性重視した個性型、兎に角早く書けるのが速写型といった感じで使い分けることも可能です。その道を極めたプロの手による縦書きのサインは横書きとはまったく別の顔を覗かせてくれます。

創作デザインのサンプル

漢字(縦書き)で制作されたデザインサンプルをご紹介いたします。

  • こ
    
お得なプラン



TOP